“一幕目”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひとまくめ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一幕目”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
二番目は菊五郎の「紙治かみじ」これは丸本まるほんの「紙治」を舞台に演ずるやう河竹新七かわたけしんしちのその時あらた書卸かきおろせしものにて一幕目ひとまくめ小春こはるかみすきのにて伊十郎いじゅうろう一中節いっちゅうぶしの小春をそのまま長唄ながうたにしての独吟あり廻つて河庄茶屋場かわしょうちゃやばとなる二幕目ふたまくめ竹本連中たけもとれんじゅう出語でがたりにてわれら聞馴れし炬燵こたつ引返ひきかえして天満橋太兵衛殺てんまばしたへえごろしとなる。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)