“メロディ”の漢字の書き方と例文
語句割合
旋律100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
聞くともなしに聞いていると、なんのことだ、それは彼にも聞き覚えのある旋律メロディであったではないか。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その癖この曲の主題になって居る単調な不気味な旋律メロディが、ともすれば私の耳にこびり付き、その主題の数小節が、私の冥想や夢の中で、舞踏することさえあるのです。
死の舞踏 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)