“ミコトモチ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:みこともち
語句割合
18.2%
伝言者9.1%
御言伝宣者9.1%
御言執行9.1%
御言実行者9.1%
御言持9.1%
御言葉伝達9.1%
御言詔伝達9.1%
御言詔持9.1%
詔旨伝達者9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さうした宮廷の村々が、単に独立して散在してゐたのではなく、大舎人の後が、その部の伴造に当るミコトモチとして、ある方々の支配を受けてゐたのであらう。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
尚一つ閑却出来ないのは、此臣たちは同時に部曲の頭で、伴部のミコトモチであることだ。
だが、私は、のりとが神及び神自体カムナガラと信ぜられた人、並びに、其伝言者ミコトモチの発する詞章を、意味するものと考へてゐる。
高御座 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
だから、御言伝宣者ミコトモチは、選ばれなくてはならなかつた。
神の代理者即、御言執行ミコトモチとして神言を伝達すると共に、当然伴ふ実効を収めて来る意だ。
村々の祭り (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
神の代理者、即、御言実行者ミコトモチの信仰が、まづ知られねばならぬ。
村々の祭り (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
かうした人々の事を、御言持ミコトモチといふ。
大嘗祭の本義 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
此は御言葉伝達ミコトモチの職をつとめたからである。
大嘗祭の本義 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
舎人・采女は、宮廷の現神——天皇は、神の御言詔伝達ミコトモチであり、又時には、神におなりになる——に仕へ、任終へて、地方に帰るに及んで、宮廷の信仰は、地方に拡つたのである。
古代人の思考の基礎 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
其が後には、天皇の為に、更に御言詔伝達ミコトモチを考へて来た。
古代人の思考の基礎 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
そこで、日本には中臣といふ御言詔持ミコトモチが出来た。
大嘗祭の本義 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
さうして、現実の神の詔旨伝達者ミコトモチの資格を脱却せられてゐる。