“マリア”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
聖母57.1%
摩利亞14.3%
摩里阿14.3%
馬利亜14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わしたちはめいめいお彌撒を三度ずつあげてもらおうじゃねえか。そして、御復活節になったら、一緒に*7ヴェルルの聖母樣の所へ巡禮しようね。
後者は、三位一體説であるが、景教は、そうでない、隨つて基督の母たる摩利亞を、神の母とは認めない、基督は、此の教徒の見解では、神の性質を解した人で、神そのものでない
大師の時代 (旧字旧仮名) / 榊亮三郎(著)
一念弥陀仏即滅無量罪障と聞けど、わが如き極重悪人の罪を救はれざらむ事、もとより覚悟の前ぞかし。南無摩里阿如来。南無摩里阿如来と両手を合はせて打泣き/\方丈に帰り来りつ。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
また或処の小さい寺には、「雪の馬利亜」という名なども附いていた。
リギ山上の一夜 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)