“ビル”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:びる
語句割合
66.7%
勘定33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ようべの嵐に、まだ殘りがあつたと見えて、日の明るく照つて居る此小に、又風が、ざはつき出した。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
ようべの嵐に、まだ殘りがあつたと見えて、日の明るく照つて居る此小に、又風が、ざはつき出した。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
いよいよ鎌倉の自宅へ帰る段になって、勘定を済まして玄関で自動車を待っていると、そこへあたふたと部屋付きボウイが私の時計と彼女の帽子を持って駈けつけて来たくらいである。