“スピード”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
速力53.8%
速度38.5%
列車速度7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんな訳で、最初から腹をめて仕事をしたお蔭で、ヤット船が動き出すには動き出したが、今度はモウ速力スピードを出さない。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)
いったい短気な人は速力スピードが気に入るのだから何でも手っ取り早く先手を打って、先に望むことをしてやればよろこぶものだ。
良人教育十四種 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「なにしろ、電灯器具材料を積んでいますから、四十マイル以上の速度スピードを出すと、壊れてしまうおそれが、あるのです」
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「ルーズベルト君。このふねはもっと速度スピードが出るのじゃないかね」
ただひとつはかばかしい進歩を見せないのは、自分の運転している列車速度スピードの認定である。