“オーストリア”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
墺太利50.0%
墺地利33.3%
墺国16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
欧羅巴ヨーロッパに於ては英、仏、独、露西亜ロシア墺太利オーストリア伊太利イタリア、この六大国がある。
東亜の平和を論ず (新字新仮名) / 大隈重信(著)
フランス人はその名の示すようにこの料理を伊太利イタリアミラノのコトレツと考え、ドイツ人は墺太利オーストリア首府しゅふウィーンの料理と考えているらしい。
異国食餌抄 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
巴里在留の外国人で立退きたいと思うものは早く去れ、独逸もしくは墺地利オーストリア以外の国籍を有するものは在留を許すとのことであった。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
ことに露西亜ロシアは日露戦争に於て受けたる創痍そういのために、墺地利オーストリアがボスニャ・ヘルチェゴビナを併合せるとき、独逸ドイツに威嚇せられて
世界平和の趨勢 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
○二月、歌舞伎座にて墺国オーストリア俳優チャーレー・テーラー一座の西洋演劇を一週間興行。
明治演劇年表 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
墺国オーストリアの某鉱山では近来銅鉱から純銅を採るのに電気分解法を用いているそうだ。
話の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)