“ウス”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:うす
語句割合
50.0%
50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それが、窮してるんだよ、古田のいうことは、……小柳橋の袂でその女に逢って、姐さん、一杯いこう、と声をかけたら、イエス、といってついて来た、てんだ。……だが、おおよその捜索方針スンポウはきまったらしい。本庁の意見も一致した。現場の証拠はウスいが部屋の手のつけかたから見て、初犯の手口だということになった。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
譬へば、建部タケルベの伝承には、却て成人後の伝に重きをおいて、生ひ立ちについては、父帝の、ウスにたけびせられた事を言ふのみである。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)