“アルコール”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
酒精96.7%
3.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
数多あまたのニホン娘が、関内の花街かがいから送りこまれて、夜をくだつ器楽や強烈な酒精アルコールの騒音と共に、毎夜毎夜
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それから始まった闇黒の中で、吾々は、眼が醒めると絶えず酒精アルコールんで、うつらうつらと死に向って歩みはじめました。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「ええ、僕です、その大河です」彼は真面目に答えた。彼の頬もアルコールのために紅かった。
地上:地に潜むもの (新字新仮名) / 島田清次郎(著)