“ろうぜき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
狼藉94.4%
狼籍5.0%
浪藉0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それからあなたのところへいって、耳が聞えないために、狼藉をしたことをび、自分の名を名のって切れた扇を差出したのです。
失蝶記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
そしてものも言わずにランプ室に躍り込んだわたし達は、とうとうそこでほんとうに化け物の狼籍の跡を見たのだった。
灯台鬼 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
公使館を焼き払い、外人をめて、国難を招くがごとき浪藉を働くとは何ごとかっ。幕政に不満があらばこの安藤を斬れっ。この対馬をれっ。
老中の眼鏡 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)