“めばり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
眼張66.7%
雌針33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「お肴はなんにいたします。かつお眼張めばり、白すに里芋、豆腐に生揚、蛸ぶつに鰊。……かじきの土手もございます」
そういうわけで、この列車も、毒瓦斯が車内に入ってくるのを防ぎますため、車窓も換気窓も、それから出入口の扉も絶対にお開けにならぬように願います。もちろん鎧戸よろいどの外には硝子戸ガラスどを閉めていただきます。それから扉の隙間などには、眼張めばりをしていただきます。
空襲警報 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「これが雄針おばり、これが雌針めばり、これが雄針、これが雌針……五十本の針さえ持っていたら、わたしにはなんだってこわくはない。……鷲津七兵衛わしずしちべえ泥子土之助どろこつちのすけ根岸兎角ねぎしとかく逸見無車へんみむしゃ、妾は吹き針のわざにかけたら、この人たちにだって負けない気だよ」
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)