“みょうさく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
妙策66.7%
妙作33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いつもながら軍師ぐんし妙策みょうさく、敬服のほかはござりませぬ。ところでこやつはいかがいたしましょうか」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「一なんさってまた一難か。こりゃ昌仙しょうせん、こんどこそは、かならずそちの采配さいはいにまかす。なんとか、妙策みょうさくをあんじてくれ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ハイ、まことに古今ここん妙作みょうさく
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)