“まほら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
眞洞42.9%
真洞42.9%
眞保良14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人住まぬ眞洞まほらもとめて行きぬらむ。
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
海のそと小島をじま眞洞まほら
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
雲あかる山の真洞まほらに啼くこゑは子雉子こきぎす早や巣立つらし
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
予ら四人はいま雲の八重垣やえがき真洞まほらの中に蛤をとっている。
紅黄録 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
眞保良まほらおくにわけいれば、
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)