“ふたこじま”の漢字の書き方と例文
語句割合
双子縞100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
双子縞ふたこじま単衣ひとへに黒い小倉の角帯をしめ、或は赤ン坊の様に周囲を剃り落し、真中を固く饅頭形に残してあつた。
世の中へ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
石田一等巡査の後ろの窓際に、双子縞ふたこじま単衣物ひとえものに白いシャツを着た富山の売薬会社の行商人みたいなのが腰かけていたが、
旗岡巡査 (新字新仮名) / 吉川英治(著)