“ばいげつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
梅月100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
学生風の通訳の細君が、そこから一ト足先に別れて行ってから、一同は広小路の方へ出て、それから梅月ばいげつで昼飯を食べた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
PR