“なむみょうほうれんげきょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
南無妙法蓮華経100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
士気を鼓舞すべく……また、南無妙法蓮華経なむみょうほうれんげきょうの法力を借りて、この穴埋めの御難を乗りきるべく——。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
すると、帝釈様たいしゃくさまの剣に錦地にしきじ南無妙法蓮華経なむみょうほうれんげきょうのぼりをたてた出車だしの上から声をかけたものがある。