“どくだみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
蕺草42.9%
三白草28.6%
14.3%
蕺菜14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
猿芝居、大蛇、熊、盲目めくら墨塗すみぬり——(この土俵は星の下に暗かったが)——西洋手品など一廓ひとくるわに、蕺草どくだみの花を咲かせた——表通りへ目に立って、蜘蛛男くもおとこの見世物があった事を思出す。
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
こほろぎのこゝろ鳴くなべ淺茅生のどくだみの葉はもみぢしにけり
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「おや/\蕺菜どくだみがこんなに植わつてる……」