“つきのわどの”の漢字の書き方と例文
語句割合
月輪殿100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後に忠通公の息月輪殿つきのわどのが上人に帰依きえ深かった因縁もこの物語と思い合わされるものがある。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
法然が或時月輪殿つきのわどので叡山の一僧と参り合せたことがあった。その僧が、
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)