“ちょこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
猪口98.6%
緒口1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仏頂寺はそれを見ると、相当に仏頂面をほぐして、草をにどっかと腰を卸したところへ、如才なく丸山勇仙が猪口をつきつけました。
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
渡瀬は教えに行ったを答えて、ちょうど顔のところまで持ち上げて湯気の立つ黄金色を眺めていた、その猪口に口をつけた。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
コウタケのことをこの辺では馬喰茸といっているが、その名の通り見た眼には恐ろしい茸で、形は傘をお緒口にしたようなものだが、色が黒く、毛だらけで、いかにも馬喰らしい。
山の秋 (新字新仮名) / 高村光太郎(著)