“だましうち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
欺討50.0%
欺撃25.0%
騙討25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大抵は欺討だましうちです。
竹「其の話に春部と申す者がわたくしおとゝを新町河原で欺討だましうちにして甲府へ逃げたと云う事でございますが、何卒どうぞくわしく尋ねて下さいまし、都合に寄っては又江戸へ帰るような事にもなろうと思いますから」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「何でもいいでさあ、——全く赤シャツの作略さりゃくだね。よくない仕打しうちだ。まるで欺撃だましうちですね。それでおれの月給を上げるなんて、不都合ふつごうな事があるものか。上げてやるったって、誰が上がってやるものか」
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「ええ、おのれはひとをこのがけから突落す気だな。この老婦としより騙討だましうちに為るのだな」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)