“たわし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
束子42.9%
束藁42.9%
手束14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
耳も鼻も頬も桃のように紅くした子供の群が、束子たわしでこするように、キュウキュウ厭な音をたてゝ、氷の上をすべっている。
放浪記(初出) (新字新仮名) / 林芙美子(著)
耳も鼻も頬もあかくした子供の群れが、束子たわしでこするようにキュウキュウ厭な音をたてて、氷の上をすべっていた。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
ざるに切捨てた沢菴たくあんの尻も昨日の茶殻に交って、ささら束藁たわしとは添寝でした。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
別に案ずるまでもない、おなじ町の軒並び二町ばかり洲崎すさきの方へ寄った角に、浅草紙、束藁たわし懐炉灰かいろばい蚊遣香かやりこうなどの荒物
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
海鼠が手に入らぬと、その代りに横槌よこづちなどを引きずり、または東北ではトウラすなわち手束たわしくところもある。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)