“たまねぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
玉葱90.6%
球葱6.3%
玉蜀黍3.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時、あなたのお弁当のおかずは卵焼きと金平牛蒡で、私の持って来たお弁当のおかずは、筋子粕漬と、玉葱の煮たのでした。
冬の花火 (新字新仮名) / 太宰治(著)
中川「それでは贅沢過ぎて味も悪い。僕の家では球葱スープだの豌豆スープだのと野菜ばかりのスープも出来るよ」
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
富士山麓は米が出来ず、玉蜀黍を主食にしている。このお饅頭も玉蜀黍の粉で作ったものだった。この日はお母さんの三十五日だったので一緒にお墓詣りをして、僕は東京へ帰った。
三浦環のプロフィール (新字新仮名) / 吉本明光(著)