“たじん”の漢字の書き方と例文
語句割合
他人100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは、他人たじんならば米友自身の面目問題なのだが、この人では仕方がない——と米友は観念しているらしい。
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)