“たぐいまれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
類稀88.9%
類希11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其処で三百円という類稀なる慰労金まで支出したのは、升屋の老人などの発起に成ったのである。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
しかも出世魚と申す鯉魚の、お船へ飛込みましたというは、類稀な不思議な祥瑞
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
やうな大魚出世魚と申す鯉魚の、お船へ飛込みましたと言ふは、類希な不思議な祥瑞
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)