“じょういん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
上淫66.7%
情韻33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かれが、上淫じょういんを好んだのも、良風良俗のうちにはぐくまれた子女には、おのずから、優雅な香気があるからであった。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
徳川どのは、下淫げいんを好むたちと聞くが、前に申したようなせいか、わしは上淫じょういんを好むほうだ。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「そうとも。殺気をふくめば殺気ばみ、情気があれば情韻じょういんをもつ。とても、おそろしいやつはこの笛でござる。殊にお手前のいろを聞き澄ますに、非常な執着と怨みをおもちなされている。——ウム、最前旅先といわれた。それに孤独、かたきを探しておあるきの身でおざろう」
八寒道中 (新字新仮名) / 吉川英治(著)