“じゅんさい”の漢字の書き方と例文
語句割合
蓴菜100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蓴菜じゅんさいからんだようにみえたが、上へ引くしずくとともに、つるつるとすべって、もうなんにもなかった。
海の使者 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
とわなわなと身震いする。濡れた肩を絞って、しずくの垂るのが、蓴菜じゅんさいに似た血のかたまりの、いまも流るるようである。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)