“じぐちあんどう”の漢字の書き方と例文
語句割合
地口行灯100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
両側へずーっと地口行灯げ、絹張に致して、良い画工種々の絵をかせ、上には花傘を附けまして両側へ数十本立列ね、造り花や飾物が出来ます。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
早「ところがいた事がねえから、書いてくんろ、汝は鎮守様の地口行灯えたがえよ、それ何とかいう地口が有ったっけ、そう/\、案山子のところに何かるのよ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)