“しんぷきさく”の漢字の書き方と例文
語句割合
神斧鬼鑿100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それより上は全くの神斧鬼鑿蘇川峡となるのだ。彩雲閣からに五、六丁足らずで、早くも人寰を離れ、俗塵の濁りを留めないところ、峻峭相連なってからず目をそばだたしめる。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
悲劇の舞台になった、南伊豆の別荘、の行者が、神斧鬼鑿の法術で彫り成したという伝説の凄まじい断崖の上の高楼——名づけて臨海亭というのも、実は志津子夫人の我儘な願いを容れて