“しるこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
汁粉93.8%
志留粉3.1%
泥路3.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
筆太ふでぶとに「此内このうち汁粉しるこあり」としたゝめてあり、ヒラリ/\と風であほつてつたから
士族の商法 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
渠はこの二つの品に半襟を一つ加へてやり、これが代金を拂つてから、食堂で木原店きはらだな汁粉しるこを取り寄せた。
栄子たちが志留粉しるこだの雑煮ぞうにだの饂飩うどんなんどを幾杯となくお代りをしている間に、たしか暖簾のれんの下げてあった入口から這入はいって来て、腰をかけて酒肴さけさかなをいいつけた一人の客があった。
草紅葉 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「大分降りやした——気違え雨——四つ半から八つ時まで——どっと落ちて——思いなおしたように止みやがった。へん、お蔭で泥路しるこだ——勘弁ならねえ。」