“しりきりばんてん”の漢字の書き方と例文
語句割合
尻切半纏100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
屏風のようになった岩の蔭。水を飛び越えて七兵衛は声のする方へ行って見ると、笠をかぶって首から肩へ袋をかけて、尻切半纏を着た十五六の少年が一人、水の中を歩いています。
大菩薩峠:08 白根山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
敷居際にった捨吉が、肩のあたりに千草色の古股引じみた尻切半纏、よれよれの三尺、胞衣かとまれる帽をって、手拭を首に巻き、引出し附のがたがた箱と、海鼠形小盥
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)