“しりきればんてん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
尻切半纏50.0%
尻切半纒50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒旋風の身扮は、尻切半纏に、野暮っ度い草色の股引を穿き、手拭で頬被りをして居りましたが、は野郎頭で、言葉は町人言葉、色が浅黒くて、背の小作りな男という外は何んにもわかりません。
入口の敷居際で、八五郎と爭ひ續けて居た、三十郎の女房のお美乃は、遙かに三十郎の樣子を見ると、八五郎の手をかい潜つて、今度は、尻切半纒のまゝ、自分から進んで大廣間に飛び上がるのです。
銭形平次捕物控:315 毒矢 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)