“しら/″\しく”の漢字の書き方と例文
語句割合
白々敷100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此兩人のに立越て小遣ひ取つて呉んものと或日丁山小夜衣のに到り殺して仕舞た母のお安が病氣にて寢て居るゆゑと白々敷も入用の次第
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
進ぜん外々の儀と事變り金子の事故驚怖たりあたらす所と空嘯ひてをくゆらし白々敷も千太郎を世間知らずの息子と見寛々と氣を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)