“しょたいげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
世帯気50.0%
所帯気50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
巣鴨辺弥勒の出世を待っている、真宗大学の寄宿舎に似て、余り世帯気がありそうもないは、胸襟を開いてしかるべく、勝手に見て取った。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
禰宜 人妻にしては、艶々所帯気一向に見えぬな。また所帯せぬほどの身柄とも見えぬ。、てかけ、ものか、これ、霊験な神の御前じゃ、明かに申せ。
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)