“しょうお”の漢字の書き方と例文
語句割合
商於100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
翌年、監察御史陳郡袁傪という者、勅命を奉じて嶺南使し、商於の地に宿った。
山月記 (新字新仮名) / 中島敦(著)
北はから、西は※岐まで足を延ばした。商於て洛陽に至った。南は淮泗から会稽に入り、時に魯中に家を持ったりした。斉や魯の間を往来した。梁宋には永く滞在した。
岷山の隠士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)