“しゅうぼく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
主僕33.3%
輯睦33.3%
醜墨33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
共にしたとはいうけれど、譬えば一家の主僕しゅうぼくがその家を、輿こしを、犬を、三の食事を、むちを共にしていると変った事はない。
彼の一家、友交輯睦しゅうぼく、忠誠にして勤克。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
「国を売って敵へ走った忘恩の徒が、何の面目あって、わしにこの醜墨しゅうぼくをみずから示すか」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)