“しべつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
士別50.0%
死別25.0%
漂津25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて天塩に入る。和寒剣淵士別あたり、牧場かと思わるゝ広漠たる草地一面霜枯れて、六尺もある虎杖が黄葉美しく此処其処に立って居る。所謂泥炭地である。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
中には生別死別となった人も一二に止まらない。生きては居ても、再びうや否疑問の人も少くない。此杉は彼にとりて見送の杉、さては別れの杉である。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
此邊いつたいを阿寒地帶と云つて、私の立つてゐる熊笹の丘から雌雄の阿寒岳の峰や、斜里漂津の重なつた山々の姿がパノラマのやうに眼に這入つて來る。