“しふちやく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
執着83.3%
執著16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
からははひにあともとゞめずけぶりはそら棚引たなびゆるを、うれしやわが執着しふちやくのこらざりけるよと打眺うちながむれば
軒もる月 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
情なくなツても執着しふちやくが強いから、何うにかしてでツち上げやうと思ふ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
死んだ父も、さうした物は或は、おれより嗜きだつたかも知れないほどだつたが、もつと物に執著しふちやくが深かつた。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)