“シフヂヤク”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:しふぢやく
語句割合
執著66.7%
執着33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
死んだ父も、さうした物は、アルヒは、おれよりもきだつたかも知れぬほどだが、もつと物に執著シフヂヤクが深かつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
死んだ父も、さうした物は、或は、おれよりも嗜きだつたかも知れぬほどだが、もつと物に執著シフヂヤクが深かつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
死んだ父も、さうした物は、或は、おれよりも嗜きだつたかも知れぬほどだが、もつと物に執着シフヂヤクが深かつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)