“しこめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シコメ
語句割合
醜女95.5%
醜婦4.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
美女は美女なりに、醜女しこめは醜女なりに、いかにも女性の心の弱さ、お洒落しゃれさ、見栄坊みえぼうであることを象徴して好い。
女性の不平とよろこび (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
喜太郎はませた利口な少年で、お早は鈍重どんちようで人の良い醜女しこめといふ外には言ふべきこともありません。
つぶして醜婦しこめにしてやろうわ! ……如意にょいくらえ!
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)