“ごだん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
五壇33.3%
後談33.3%
點心33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見上げた破風口はふぐちは峠ほど高し、とぼんと野原へ出たような気がして、えんに添いつつ中土間なかどまを、囲炉裡いろりの前を向うへ通ると、桃桜ももさくらぱっと輝くばかり、五壇ごだん一面の緋毛氈ひもうせん、やがて四畳半を充満いっぱいに雛、人形の数々。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そういうように、信長や、秀吉が、いかに土木を起して金壁をなすりつけてみたところで永徳があって、それに眼睛がんせいを点じなければ、それは成金趣味だけのものだ。前に言う通り、秀吉や、家康や、氏郷や、元就もとなりでなければ、人物が無いと思っている者たちのために、もう少し永徳の後談ごだんを語らなければならない。
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
粗末そまつ點心ごだんながら、只今たゞいま準備中よういちゅうでござる。