“これまた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
是亦45.5%
之亦18.2%
是又18.2%
之又9.1%
此亦9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ソコデ僕の目から見ると、君が新政府に出たのは君の平生へいぜい好む所を実行して居るのだから僕ははなはだ賛成するけれども、僕の身には夫れが嫌いだ、嫌いであるから出ないと云うものも是亦これまた自分の好む所を実行するのだから、君の出て居るのと同じ趣意しゅいではないか。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
然し、余りにも早く彼の恐れていたものが来たのには、之亦これまた驚くの他はなかった。
黄鳥の嘆き (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
しかし小酒井不木氏とか松本泰氏、江戸川乱歩氏、横溝正史氏、アーサー、リーヴ、チェスタトン、ビーストン、ウェルシーニンというような、代表的作家の人物批評は、是又これまた大いに必要である。
「その次は、夏日咸陽かじつかんよう巴水はすい……次は何んと書いたか解らない。溝渠こうきょという文字もある。暗動という文字もある。兎も角、何んの事か、これだけでは一向見当が付かない。最後の四字は——玄之又これまた玄、どうです。解りましたか」
古城の真昼 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
と言ふのに当るもの、此亦これまた呪言の型の一つと言はれ、寿詞系統の、忠勤を誓ふ固定した言ひ方と見る事も出来る。