“ぎぐん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
義軍33.3%
蟻群33.3%
魏郡33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
義軍ぎぐん先驅さきがけ
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
くわの先にくずされた蟻群ぎぐんの一匹のごとく蠢めいている。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と、大声でばくしたてた。誰かとみれば、相貌端荘そうぼうたんそう魏郡ぎぐんの生れで、審配しんぱいあざな正南せいなんという大将だった。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
PR