“きゝがき”の漢字の書き方と例文
語句割合
聞書100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
聞書きゝがきの主人公順慶は、内心秀次をかばう気があるのでその暴状を事々しくは述べ立てゝいないが、それでも次のように語るのである。
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
聞書きゝがきはここに終る。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)