“きんらんじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
金襴地66.7%
錦襴地33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それも普通の品ではなくて、ひと目にそれと見られる金襴地きんらんじの小袋でしたから、発見するや、鋭い声がとんでいきました。
だって、今出してまいったのも同じ永楽ですよ。それに毀れた方はざっとした菫花すみれの模様で、焼も余りよくありませんが、こちらは中は金襴地きんらんじで外は青華せいかで、工手間くでまもかかっていれば出来もいいし、まあ永楽といううちにもこれ極上ごくじょうという手だ、とご自分でおっしゃった事さえあるじゃあございませんか。
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
それは錦襴地きんらんじの色のめた紙入であるが、開けてみると長方形の小さな鏡がんであるのが目につく。
PR