“きゆうちよう”の漢字の書き方と例文
語句割合
九重100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人このに立ちて寥々冥々たる四望の間に、の世間あり、社会あり、都あり、町あることを想得べき、九重の天、八際の地、始めて混沌でたりといへども、万物化生せず
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)