“ここのえ”の漢字の書き方と例文
語句割合
九重100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東夷の住む草の武蔵の真中の宮柱に、どうやら九重の大宮の古き御殿の面影がしのばれて、そこらあたりに須磨や明石の浦吹く風も漂い、刈り残された雑草のたぐいまでが
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
小臣らはいずれも田舎侍で、九重御作法にははなはだ心得がいもののみでござりまする。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
しかも当人時ならず、春風胎蕩として、今日九重ににおい来る、菊や、菊や——酒の銘。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)