九重きゆうちよう)” の例文
人このに立ちて寥々冥々たる四望の間に、の世間あり、社会あり、都あり、町あることを想得べき、九重の天、八際の地、始めて混沌でたりといへども、万物化生せず
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)