“きゃはんがけ”の漢字の書き方と例文
語句割合
脚絆掛100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでも汗の出るまで、脚絆掛で、すたすた来ると、に城が見えて来た。城の方にな、可厭な色の雲が出ていたには出ていたよ——この風になったんだろう。
朱日記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
三尺帯手拭を肩にした近所の若衆稽古本抱えた娘の姿に振向き、菅笠脚絆掛の田舎者は見返る商家の看板に驚嘆の眼をって行くと、その建続く屋根の海を越えては二
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)