“きやはんがけ”の漢字の書き方と例文
語句割合
脚絆掛100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紋附の羽織に脚絆掛草鞋穿といふ服装でやつて来て、三月ばかりもしたら出征の兵士の仲間に加はるであらうといふ。私は落葉松の垣の外へ出て、明日入営するといふ青年の後姿を見送つた。
突貫 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)