“かあてん”の漢字の書き方と例文
カタカナ:カアテン
語句割合
100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帳場ちょうばの上にかかった八角時計の針の遅遅ちちとして動いて往くのに注意したり、入口の青いかあてんを開けて入って来る客に注意したりした。
水魔 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
青いかあてんにするような友禅ゆうぜん模様の羽織と、くっきりと白い顔が見えるように思われた。
水魔 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)